2018/01/23

ノーズライディングのお話3




ノーズライディングのお話、第3話となりますが

少しでもなんとなくでも理解してもらえているでしょうか?



少しながら反響もあるので、続けて書こうと思います♩



ロングボードを乗っている方なら憧れている方も多いノーズライディングという技。

3m近い長いサーフボードの上を波に乗りながら先端まで歩く...

初めて数年は先端までの道のりが果てしなく遠く感じていたのを覚えています。




何故、先端まで歩いても沈まないか。簡単に言えばサーフボードのテールやフィンの部分が

波に巻き込まれていることでロックされている状態になっているんですね。


この感覚がわかれば、小波の時はもちろんサイズがある波も




上のようなバリのチュービーなクラマスの波でも応用できるんです。

波が大きいのによくノーズライディングできるね!と言われることがありますが

波のトップにテールを巻き込んでノーズライディングしているだけなので、

頭半になってもダブルになってもやっている事はあまり変わらないんですね。

それより大きい波の下でボトムターンしている方が半端じゃないよ〜と言いたくなります。(笑)





ノーズライディングができても一瞬で戻らなくてはノーズが刺さってしまう方は

下に降りていくラインだけでノーズライディングをしてしまっていて

テールを波でホールドされている感覚も無く、ノーズでのコントロールができていないので

先端には行っていてもノーズライディングになっていない方が多いかも。。上級編はまた今度詳しく書こうと思います。



このようなコンディションでは危険なので、ノーズライディングの練習はオススメしません(笑)

まずは少し小さいかな?と思うくらいで構いません。自分の怖くないサイズの波で沢山練習しましょう。




波に対しての恐怖心が中々消えない...という方は小波の時でも足のつくところからスタートして

ボディーサーフィンしたり、ハンドプレーンをしたり波の近くで泳いでみて下さい。(真冬は激寒ですが笑)

私は少々サイズのある波で泳いで、波のボトムに降りる楽しさを知り

波に揉まれても慌てない心と、波のパワーゾーンを怖がらずに上手く利用することが

できるようになりました。上手くボディーサーフィンできなくても良いし

ボディーボードやスポンジボード、サーフマットでも何でも良いんです。

波を近くで感じで楽しめることがとても重要で、波の恐怖心が無くなる第一歩だと思います♩




ノーズライディングのお話に戻りますが、私がオススメする体の向きは上半身は進行方向です。


不安定な平均台の上をいかに歩きやすく歩くか


という事です。カニのように横向きで歩くよりも

上半身だけ進行方向に向けて両手で左右にバランスを取りながら歩く方が簡単。

これは私がノーズライディングができず悩んでいた高校時代に池田潤さんにアドバイスを頂いた事でもあります。





上半身を進行方向に向けるだけで歩きやすさだけでなく、視野も広がり、バランスもとれる。

良いことづくしなのです。クラシックボードであれば安定感もかなりUPするので、

この体勢で上半身の力を抜けばトリムしているだけでスタイリッシュに見えちゃうんですね(笑)







そしてもうひとつ、ノーズライディングの時のステップのポイントは まっすぐ優しく です。

ドカドカと歩いてしまっては、優雅なロングボードが台無しになってしまうし

その反動がボードに伝わってグラグラと不安定になる要因にもなってしまいます。


女性の方のテイクオフ時にも同じことが言えますが、どうしてもお尻が重たくなりがちで

どーん!とボードが揺れてしまうテイクオフをしてしまったり、かかとに先に重心が乗ってしまうことがあり

次の動作を難しくさせてしまっているのをよく見かけます。下腹に力をいれつつ手足はリラックスを意識しましょう!


ストリンガーの左右を交互に歩いてしまうのも同じ事が言えます。状況によりボードの中央よりやや波側を歩くこともありますが

その時は中央より波側を基準にまっすぐ先端へ!です。上の写真はやや波側を歩き

右側のレールを入れてハイラインをキープしながらノーズライディングを狙っているところです!(笑)言葉にすると同時にやることが多くて

無理だ〜と思うかもしれませんが、練習するとほぼ何も考えずに感覚でできるようになります。


雑誌にも載らないような細かな話が多いですが、今年ついにノーズライディングできた!という人が

日本中に増えればいいな〜〜♩皆さんワイプアウトを恐れずに歩き出しましょう!(笑)




つづく。


Hiroka Yoshikawa



2018/01/22

ノーズライディングのお話2



引き続き見てくださっている方ありがとうございます。

シングルフィンで試合に出ているイメージあるかもしれませんが、元々はほとんどのコンテストを2+1スタビライザーで出場していました。

今はクラシックボードとコンテスト用にやや動きも考えられたシングルフィンのボードをRyuji shapesにチューニングしてもらっています。



動きの軽さ、重さの違いはありますが、ノーズライディングを中心に考えるとシングルフィンのロングボードは最強ではないでしょうか。

今こんなにシングルフィンに魅了されてしまった理由は2015年に初めて出場したMSA classicでの影響です。本場カリフォルニア・マリブでの本場のロングボードを生で見た時の衝撃は...


その後のロングボード人生が変わってしまった位です♩笑


その頃にはすでにシングルフィンに乗っていましたが、この試合での衝撃と、自分のノーズライディングを評価してもらえたことにより日本のコンテストでもシングルフィンを使い始めるようになりました。


シングルフィン、クラシックボードには人々を魅了する何かがある気がします。








前置きが長くなってしまいましたが、クラシックボードってショートボードや2+1ロングボードと比べるとターンが重たくて動かないイメージ。。

、、、その通りですよね(笑)




しかし、テール側に乗るとピポットターンで動くんです。ショートボードや軽いロングボードのようにドライブの効いたターンをしようと膝を曲げて体を傾けたらそのまま自分だけ落ちますが、、(笑)




私は軽く膝を曲げて後ろ足の指の付け根あたりを少し押し込むイメージで、ターンしていますが、ほとんど力を入れていません。クラシックボードは、つま先やかかとへの重心移動のみで(ボードを左右どちらかに傾けるイメージ)

細かな走るラインは変えられるし、この簡単な重心移動ができるようになるとただ波に乗っているだけのトリムが最高に楽しくなると思います。








本題のノーズライディングについてに入りますが、テイクオフしてすぐの小さなターンがその後のノーズライディングができるかを決めてしまう

実はとても重要なところだと思っています。(ターンしないでノーズする方法もあります)



最初からフェードターンのような波に合わせるターンは上級編ですが、前回でもお話した

ノーズの角度を決める微調整が小さなターンとしています。

最初はターンが大きすぎると日本のビーチブレイクだと完全に波に置いていかれてしまうし、

ボトムに降りすぎたりトップに上がりすぎたり、真横に走りすぎてもウォーキングに入ることができません。

立ってすぐにノーズ!!というイメージもある方もいると思いますがまずは慌てずに。です。





小さなターンをしてウォーキングに入るスポットに行くのと同時進行で大まかなノーズライディングの角度をここで決めています。

前回もお話したように、この角度は波によって毎回違うのでなんとも言えませんが経験と練習での習得です。

(いつから歩き出せば良いんだろう、、と思って波が終わってしまうのは勿体ないのでチャレンジあるのみです!)

上の写真はボトムで小さなターンをして走るラインを上にあげているところ。

クラシックボードは自分がターンを始めてから1、2秒遅れてボード全体が動いてくることを活用し、ボードがやや上に向かって走り出した時に歩き出すイメージでウォーキングをスタートさせています。





不安定なようで、波のフェイスでラインを上にあげている一瞬が実は一番安定感があります。ノーズライディングを練習中の方でもこのラインを走っているところをよく見ますが

歩き出しが大幅に遅れてしまうことでノーズライディングを更に難しくさせてしまっていると感じることが多々あります。

歩き出そうとしている時にはもう、私だとノーズライディングをしてバックステップをしているくらいの差があるんですね。


まずは1歩から。1歩も出せない方は後ろ足に重心が乗ってませんか?ウォーキング時には前足に重心を乗せることで歩きやすくなります。

まだまだありますが、今日はここまで。





今月28日は不定期開催している私の練習会です♩

当日は実際に海に入って皆さんとサーフィンしながら一言アドバイスをさせて頂きます。

参加希望の方や詳細を知りたい方は surfshoots@gmail.com へご連絡下さい。

ご参加お待ちしています♡


Hiroka Yoshikawa