2018/01/20

ノーズライディングのお話




流行りのインフルエンザでかれこれ1週間以上

海に入っていないので、今日はノーズライディングのお話。この写真は昨年のDeus 9ft and single.



私も本格的にサーフィンを初めた時は全くできる気がしなかったノーズライディング。

やっと一歩を踏み出したかと思いきや、両手はレイザーラモンのように高く上がり顔面から海へダイブ(笑)

一生できる気がしない!!と何度思ったことか。




でもコツを掴めば、女性や子供でも簡単にできる所がノーズライディングの素晴らしい所。

ポイントは波のボトムからトップまでの位置と走る角度です。

常に波のブレイクを先読みすることでノーズライディングのラインが見えてきます。

この写真では真横のラインでノーズライディングしているように見えますが実は全然違うんですね。

波は岸に向かってブレイクしているので、横に走っているつもりでも斜めに走っているんです。

上の写真が斜めの角度でノーズをしているとしたら、1枚目の写真は岸に近い角度でノーズをしています。

私がノーズライディングできなかった頃は、こんな事も全く理解しないで練習していました。

ノーズがぶすぶす〜と刺さったり、フィンが岸にスライドしたりする人は角度を横に向けすぎているか、

波のポケットから遠くを走りすぎているのかもしれませんね。




最初はディープなセクションでノーズライディングする事は難しく、スタイリッシュにやりたい!

と思っても無理です(笑)ノーズライディングの角度や位置はたくさん転んで必死に練習あるのみ!!


ここだけの話、私が初めてノーズライディングできたのは、忘れもしない伊勢で開催された全日本サーフィン選手権の試合中でした(笑)

いや〜懐かしい!

ノーズライディングについてはあと10話は書けそうなくらい長くなりそうなので、今日はこの辺で♩

Hiroka Yoshikawa