2018/02/02

ノーズライディングのお話5




地球のどこかには真夏の日差しがあって、水着でサーフィンできているのが信じられない!


と思う毎日でしたが、日本にもパラダイスがありました!昨日から奄美大島に来ています♩




曇り予報でどんよりした天気からのスタートでしたが突然快晴に!

波も胸肩のスペシャルな波で幸せな1日でした♡




少し空けてしまいましたが、今日は少しノーズライディングの種類のお話をしようと思います。

ひとくくりにされがちなハングファイブ(片足のみ先端に足をかけるノーズライディングのこと)ですがその中でも難易度だったり、やり方の種類があります。





上の写真はテイクオフした時点でノーズライディングするラインを走り、少し右のレールを入れながら

斜め下に向かってノーズライディングする方法です。これは2+1スタビライザーの

ロングボードやコンテストにもよく取り入れられる動きで、サイズのある波でも比較的やりやすいノーズライディングのパターンでもあります。



ウネリからのテイクオフとノーズライディングの角度が重要で、初めは波のブレイクがゆっくりのサーフポイントやフェイスが長い波があれば挑戦しやすいです。





私から注意してほしいポイントはまず3つ。


テイクオフしてすぐ!というイメージがありますが、歩き出しが早すぎると

波に置いていかれ、慌てるとボードに揺れが伝わり不安定に、遅すぎるとノーズが波に刺さる原因となります。





ボトムへ真っ直ぐ降りるラインでノーズライディングするのは簡単ですが、プロのコンテストでは評価が低い

ノーズライディングとみなされてしまうので、試合でノーズライディングしたのに


なんで全然点数が出ないの?と思った時はこの "真っ直ぐノーズ " か、きちんと足がかかってない事が多いです。

その後のコントロールができていれば評価は高まりますが、すぐにステップバックしてしまうと

ただ緩やかなセクションでノーズに足をかけただけ となってしまい、ノーズライディングでの

コントロールができていないということになります。上の写真はやや真っ直ぐに降りているように

見えますが、右レールが少し入っていて後ろ足の指の付け根とかかとでの重心移動でコントロールしています。




世界のトップ選手はノーズに足をかけたままストールしてポケットに戻ってハングテンしたり

ノーズしたままレールを入れてターンしたり、はたまたスープの下を抜けてきたりくるくる回ったりと自由自在。私もまだまだ練習中です!




そして次は波のフェイスが張り出してきたセクションに向かってノーズライディングする方法です。

先程より難易度は高まりますが、波のパワーゾーンからウォーキングがスタートするので

足を先端にかける頃にはかなりのスピード感があり、ホローな波のセクションでこの状況になることが多いので

私の大好きなパターンのノーズライディングでもあります♩不規則な波のビーチブレイクにも多く

御宿でもよくこのパターンの波が現れます。このノーズライディングは波のフェイスを走れることはもちろん


・波のブレイクを先読みすること


がとても大切。波が張り出してきたのがわかったのと同時に次のセクションに向かってライディングしなくてはいけません。


このパターンのノーズライディングでは特に横に走るイメージが強いかと思いますが

実際は斜めにノーズライディングしているので、しっかりとテールを波にロックする事ができます。





2つのパターンを組み合わせると、テイクオフしてすぐに掘れ上がってくるセクションにノーズライディングする事もできます。

上級編ですが、しっかりテールがロックされていれば掘れていても安定感もあり、スピードのあるノーズライディングが楽しめると思います♩




この写真では分かりづらいですが、シングルフィンならではのスープ(白い波)の下を走るノーズライディングやチーターファイブなど

ハングファイブという技の中にも色々な種類があるので、波のブレイクに合わせた

ノーズライディングでロングボードを楽しんでください♩





挑戦あるのみ!!


Hiroka Yoshikawa