2018/01/22

ノーズライディングのお話2



引き続き見てくださっている方ありがとうございます。

シングルフィンで試合に出ているイメージあるかもしれませんが、元々はほとんどのコンテストを2+1スタビライザーで出場していました。

今はクラシックボードとコンテスト用にやや動きも考えられたシングルフィンのボードをRyuji shapesにチューニングしてもらっています。



動きの軽さ、重さの違いはありますが、ノーズライディングを中心に考えるとシングルフィンのロングボードは最強ではないでしょうか。

今こんなにシングルフィンに魅了されてしまった理由は2015年に初めて出場したMSA classicでの影響です。本場カリフォルニア・マリブでの本場のロングボードを生で見た時の衝撃は...


その後のロングボード人生が変わってしまった位です♩笑


その頃にはすでにシングルフィンに乗っていましたが、この試合での衝撃と、自分のノーズライディングを評価してもらえたことにより日本のコンテストでもシングルフィンを使い始めるようになりました。


シングルフィン、クラシックボードには人々を魅了する何かがある気がします。








前置きが長くなってしまいましたが、クラシックボードってショートボードや2+1ロングボードと比べるとターンが重たくて動かないイメージ。。

、、、その通りですよね(笑)




しかし、テール側に乗るとピポットターンで動くんです。ショートボードや軽いロングボードのようにドライブの効いたターンをしようと膝を曲げて体を傾けたらそのまま自分だけ落ちますが、、(笑)




私は軽く膝を曲げて後ろ足の指の付け根あたりを少し押し込むイメージで、ターンしていますが、ほとんど力を入れていません。クラシックボードは、つま先やかかとへの重心移動のみで(ボードを左右どちらかに傾けるイメージ)

細かな走るラインは変えられるし、この簡単な重心移動ができるようになるとただ波に乗っているだけのトリムが最高に楽しくなると思います。








本題のノーズライディングについてに入りますが、テイクオフしてすぐの小さなターンがその後のノーズライディングができるかを決めてしまう

実はとても重要なところだと思っています。(ターンしないでノーズする方法もあります)



最初からフェードターンのような波に合わせるターンは上級編ですが、前回でもお話した

ノーズの角度を決める微調整が小さなターンとしています。

最初はターンが大きすぎると日本のビーチブレイクだと完全に波に置いていかれてしまうし、

ボトムに降りすぎたりトップに上がりすぎたり、真横に走りすぎてもウォーキングに入ることができません。

立ってすぐにノーズ!!というイメージもある方もいると思いますがまずは慌てずに。です。





小さなターンをしてウォーキングに入るスポットに行くのと同時進行で大まかなノーズライディングの角度をここで決めています。

前回もお話したように、この角度は波によって毎回違うのでなんとも言えませんが経験と練習での習得です。

(いつから歩き出せば良いんだろう、、と思って波が終わってしまうのは勿体ないのでチャレンジあるのみです!)

上の写真はボトムで小さなターンをして走るラインを上にあげているところ。

クラシックボードは自分がターンを始めてから1、2秒遅れてボード全体が動いてくることを活用し、ボードがやや上に向かって走り出した時に歩き出すイメージでウォーキングをスタートさせています。





不安定なようで、波のフェイスでラインを上にあげている一瞬が実は一番安定感があります。ノーズライディングを練習中の方でもこのラインを走っているところをよく見ますが

歩き出しが大幅に遅れてしまうことでノーズライディングを更に難しくさせてしまっていると感じることが多々あります。

歩き出そうとしている時にはもう、私だとノーズライディングをしてバックステップをしているくらいの差があるんですね。


まずは1歩から。1歩も出せない方は後ろ足に重心が乗ってませんか?ウォーキング時には前足に重心を乗せることで歩きやすくなります。

まだまだありますが、今日はここまで。





今月28日は不定期開催している私の練習会です♩

当日は実際に海に入って皆さんとサーフィンしながら一言アドバイスをさせて頂きます。

参加希望の方や詳細を知りたい方は surfshoots@gmail.com へご連絡下さい。

ご参加お待ちしています♡


Hiroka Yoshikawa